発売3周年をむかえるロボットトイ「toio」の CoderDojo 向けレンタルプログラム開始

一般社団法人 CoderDojo Japan は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)と連携し、日本国内において発売3周年をむかえる子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio™(トイオ)」の新たな取り組みとして、「toio™」およびその対応ソフトウェアを全国の CoderDojo 向けに提供するプログラムを開始いたしました。

 

本プログラムの概要と、提供先の CoderDojo 一覧

CoderDojo は 7~17 歳を主な対象とした非営利のプログラミング道場であり、全国 200 カ所以上で開催されてます。各 Dojo はプログラマーやデザイナー、学生や教員など、多様な方々の協力によって支えられています。

この度、SIE のご協力のもと、日本で活動している 50 以上の CoderDojo を対象として、子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio」本体と「toio」専用タイトルをご提供していただきました。

本プログラムを通して「toio」が提供される CoderDojo は、以下の通りです。(カッコ内は都道府県名となります)

本プログラムが日本各地にある CoderDojo の活動の一助になれば幸いです。

 

SIE 様からの提供内容

  • toio™(トイオ) 本体
  • toio™専用タイトル「トイオ・コレクション」
  • toio™専用タイトル「工作生物 ゲズンロイド」
  • toio™専用タイトル「GoGo ロボットプログラミング™ ~ロジーボのひみつ~」
  • toio™専用タイトル「おんがくであそぼう ピコトンズ™」

 

※”toio”、”トイオ”、“工作生物 ゲズンロイド”、”GoGo ロボットプログラミング”、”ロジーボのひみつ”および“おんがくであそぼう ピコトンズ”は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

※「toio」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所での次世代インタラクション研究をもとに、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム)」を通じて生まれました。

※その他記載されている名称は各社の登録商標または商標です。

 

toio™ 公式サイトおよび公式SNSなど

公式ハッシュタグ
#toio

本件告知サイト
https://toio.io/news/2022/03/17.html

よくあるお問い合わせ(FAQ)
https://toio.io/support/

 

CoderDojoとは

CoderDojo は、7~17歳を主な対象とした非営利のプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では112カ国・2,200以上、日本には全国に200ヶ所以上の道場があります。国内では毎年1,000回以上のイベントが開催され、各イベントの運営はプログラマーやデザイナー、学生や教員など、多様な方々の協力によって支えられています。

主に Scratch や micro:bit、Webサイト制作などが人気ですが、特定のテクノロジーやテキストにこだわらず、参加者自身に作りたいものを考えて来てもらい、その実現を後押しすることが CoderDojo の特徴の1つです。

詳細を見る → https://coderdojo.jp/

 

一般社団法人 CoderDojo Japan とは

一般社団法人 CoderDojo Japan(東京都新宿区、代表理事:安川 要平)は、世界中にある CoderDojo 公式法人の1つです。日本を活動の中心として、25社以上のパートナー法人と連携し、全国に200ヶ所以上ある子どものためのプログラミング道場『CoderDojo』の非営利活動を継続的にサポートしています。

CoderDojo コミュニティ向けの支援や連携をご検討されている組織・法人などありましたら、下記ページからお気軽にご連絡ください。

パートナーシップのご案内
https://coderdojo.jp/partnership

一般社団法人CoderDojo Japan